野菜炒めと味付け|簡単でヘルシーなレシピから洗い方まで解説!

野菜のレシピで簡単でヘルシーなものを教えて

簡単でヘルシーな野菜を使ったレシピをご紹介します。
野菜は時期によってかなりの価格変動があることは、ご存知の方も多いと思いますが、様々な野菜に対応したレシピを知っておくと、とても役立ちますよね。

ここではいくつかの分野に分けてご紹介していきます。まず始めは、「サラダ」です。つまり、ほぼ調理をせずにそのまま頂く方法です。
当たり前すぎて拍子抜けしてしまった方もいるかもしれませんが、サラダと一言でいってもかなりの種類があります。
今までやったことのない組み合わせで作ってみたり、ドレッシングに拘ってみたり、毎日食べるサラダでも全く違う印象にすることが可能です。

次に、「蒸し野菜」です。これはサラダと同様に油を使わないため、非常にヘルシーで簡単です。また豚肉やきのこ類と一緒に蒸すことで立派なメイン料理になりますね。
さらにポン酢につけたり、味噌に合わせたり、その日の気分でレシピに変化をつけてみてはいかがでしょうか。

続いては、「素揚げ」です。もちろん天ぷらにしても美味しいですが、天ぷらよりも小麦粉を使わない分ヘルシーで、揚げ物は食べたいけどカロリーが気になるような方にピッタリです。
皆さんも少しずつレシピに変化を加えて、簡単に野菜料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。

野菜

野菜炒めの味付けで、簡単な方法って何?

お店で食べるようなシャキッとしたおいしい野菜炒めの簡単な味付け方法は、食材をいれる順番と塩コショウをするタイミングにあります。

家庭で野菜炒めをつくると、水分が出て歯ごたえのない柔らかいものになってしまったりします。
簡単に美味しくするためには、野菜を投入していく順番が大切です
まず香りをつけるためにもニンニクやネギをフライパンに入れて、強火で一気に過熱します。

香りが出てきたら豚肉などお肉を投入していくのですが、この時にお肉の量が多いと水分が出てしまうことがあるので気をつけましょう。
お肉に焼き色がついたら、ここで味付けの塩コショウをします。

そしてフライパンに余計な水分がなくなったら、ニンジンなどの硬い野菜からフライパンに入れていきます。
キャベツなどはあっという間に火が通ってしまいますから、炒める時間は短くても大丈夫です。
ここで塩コショウをすると野菜から水分が出てきてしまいますので、味付けは必ず塩コショウを先にしておくことがポイントです。

そして最後に具材に直接かけるのではなく、フライパンの鍋肌に醤油を一振りすれば簡単でおいしく炒めることができます。
味付けはシンプルでも、水分を余計に出さないというポイントを押さえておけば、簡単に美味しく作ることができます。

野菜炒め

ビタミンAやビタミンBやビタミンEが多いですか?

野菜には、ビタミンAとビタミンB、ビタミンEが多く含まれています。
ビタミンBは8種類あり、ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンがあります。
B1を多く含む野菜は、枝豆やモロヘイヤ、落花生などです。

B2には、ブロッコリーやホウレンソウ、B6には、かぼちゃやモロヘイヤ、ナイアシンには、トウモロコシやかぼちゃ、パントテン酸には、カリフラワーやブロッコリー、葉酸には、アスパラガスやモロヘイヤ、ビオチンには、ブロッコリーやグリーンピースがあります。
B12は、ほとんど野菜には含まれていません。

ビタミンB群は、美肌や貧血や肩こりによく効く栄養素ですので、毎日の食事に取り入れるようにしましょう。
ビタミンAを多く含む野菜は、モロヘイヤやとうがらし、明日葉や小松菜やしそなどです。
ビタミンAは、不足することもよくありませんが過剰摂取もよくありませんので、気をつけて摂るようにしましょう。

ビタミンEを多く含む野菜は、モロヘイヤやとうがらし、赤ピーマンやバジルやケールなどです。
ビタミンEは、美容と健康にとても効果がある栄養素ですので、積極的に摂るようにしましょう。
バランスよく食べて、健康な体を手に入れましょう。

ビタミン

野菜の洗い方、洗剤やお湯を使っていいの?

野菜を洗剤で洗ったり、お湯で洗ったりと家庭によって色々な洗い方があると思いますが、野菜に残った農薬を落とすだけであれば、30秒流水で洗えば充分です。

そもそも農薬は、洗っていない状態でも、体に害があるほどは残っていません。
それでも気になる方は、洗剤を使っても、こちらも特に害はありません。洗剤の裏面には「野菜・果物に使える」という表記のあるものがあります。

洗剤の成分が逆に残ってしまうのでは?と不安になる方もいるかもしれませんが、最近のものは野菜を洗っても大丈夫なように作られています。
また、お湯で洗うことの効果ですが、野菜の細胞膜が壊れるギリギリの温度が50度と言われています。
この50度のお湯で洗うことで、水分がより吸収され、鮮度を長持ちさせることができるそうです。特にしおれやすいほうれん草やレタスには、この洗い方はシャキシャキが長持ちして効果的です。

お湯で洗うことで細菌を殺すこともでき、更には白菜やもやしなど独特の臭みやアクを取る効果もあります。
よって、基本的には水洗いで、明らかに汚れが気になるものは洗剤を使う、葉物やもやしなどの臭みが気になるものは50度のお湯洗いと、洗い方を使い分けることをお勧めします。

野菜の洗い方

お通じを改善したいけど、方法がわからなという人に食べ物や体操などお通じに効く意外な攻略法を紹介してくれています。

便秘で困っていたりお通じがなかなか良くならないなら必見です!

参考サイトはこちらです。→お通じってどういう意味